ろじうら小道

日々のつれづれ。

【馬橋稲荷神社編】丹頂ミクさんと行く都内の神社【御朱印帳と双龍鳥居】

阿佐ヶ谷神明宮に向かったその足で、同じく阿佐ヶ谷にある馬橋稲荷神社を参拝しました。読み方は「まばしいなりじんじゃ」です。

当日は都内でも新年初の降雪があった寒い日でしたが、お稲荷さんの赤い鳥居と降って来る雪が何とも風情を醸し出していていい感じ。

f:id:quo_hitsuji:20190202141905j:plain

f:id:quo_hitsuji:20190202141907j:plain
こちらの馬橋稲荷神社、阿佐ヶ谷神明宮とは駅を挟んで逆方向なのですが、双龍鳥居や開運の鈴など、見どころの多い神社でした。

 

境内

朱塗りの一の鳥居、石製の二の鳥居(双龍鳥居)から真っ直ぐに続く参道。双竜鳥居については後述します。

両脇を水が流れていたり小さな橋がかけられていたりと、雰囲気がとても良いです。

f:id:quo_hitsuji:20190202142634j:plain

参道の途中にいるお狐さん。

f:id:quo_hitsuji:20190202142949j:plain

そして随神門という門を抜けた先に手水舎があるのですが……

f:id:quo_hitsuji:20190202143301j:plain

ここの手水舎がめちゃくちゃ恰好良かった。

大きな岩上の龍の口から水が流れ出ていて、岩をつたい落ちて来たその水を柄杓で受け止めて身を清めるという、なんというか非効率的なんだけどロマンを感じる設計になっています。こういうのとても好きです。

ちなみに境内にはもう1つ別の手水舎もありますが、そちらは至って普通でした。

f:id:quo_hitsuji:20190202144323j:plain

参道正面の突き当りに拝殿です。この朱塗りの感じが稲荷神社っぽくて格好いい。

そして拝殿の前にもお狐さんが一対。

f:id:quo_hitsuji:20190202144329j:plain

f:id:quo_hitsuji:20190202144333j:plain

 社殿の傍らには大きな勾玉も。

f:id:quo_hitsuji:20190312150608j:plain

左手奥の方には境内社の水神社・厳島神社と、斎霊殿がありました。

雪が降っていたからだと思いますが、水神社にお参りしている際に周囲の木々の枝からポタリポタリと水の音が聞こえてきたのが、何とも不思議な感じがしました。

f:id:quo_hitsuji:20190312150948j:plain

f:id:quo_hitsuji:20190312150955j:plain

更に奥には小さなお狐さんが並ぶ祠も。

f:id:quo_hitsuji:20190312151404j:plain

双龍鳥居(双竜門)

馬橋稲荷神社の見どころの一つ、双龍鳥居。その名の通り龍の彫り物がすごい。

都内に3つしかない鳥居のうちの一つなんだそうです(他2つは品川神社と宿鳳山高円寺)。

f:id:quo_hitsuji:20190312155046j:plain

向かって左が昇り龍。昇り龍に触れながらお願い事をすると、龍が天に昇って願いを叶えてくれるそうな。

f:id:quo_hitsuji:20190312155203j:plain

右の降り龍。天に届いた願いを運んでくれます。

f:id:quo_hitsuji:20190312155354j:plain

どちらの龍も迫力があって格好いいです。

随神門/開運鈴

参道の途中にある随神門。

その中に都内最大ともいわれる大きな開運の鈴が掲げられています。

f:id:quo_hitsuji:20190312153103j:plain

鈴の下に立って手を叩き、その音が反響すると願いが叶うとか。

f:id:quo_hitsuji:20190312153115j:plain

日光東照宮の鳴き龍みたいだなーと思いながら実際にやってみましたが、反響――したような、してないような(・_・;)

一緒に参拝した母が手を叩いた時には隣に立っていても反響音が聞こえたので、これが日ごろの行いか信心の差なんでしょうかね……
 

基本情報

  • 御祭神:宇迦之魂神(うかのみたまのかみ/稲荷神社)、大麻等能豆神(おおまとのづのかみ/御嶽神社)/伊弉册神(いざなみのかみ)、美都波能賣神(みずはのめのかみ)、菅原道真朝臣/美都波能賣神(みずはのめのかみ)市杵島姫神(いつきしまひめのかみ)
  • 例祭日:9月
  • 所在地:東京都杉並区阿佐谷南2-4-4
  • 備 考:――

公式サイト

www.mabashiinari.org

 

御朱印御朱印

馬橋稲荷神社の御朱印です。

f:id:quo_hitsuji:20190202142038j:plain

こちらは御朱印帳(御朱印帳のみの頒布は行っていないとのこと)。初穂料は1500円でした。

f:id:quo_hitsuji:20190202142101j:plain

馬橋稲荷神社オリジナルの御朱印帳は2種類ありますが、私は稲荷神社用の御朱印帳が欲しかったので、一発でそれと分かるお狐さんの(しかも稲穂を咥えている)御朱印帳を拝受してきました。表面はすべすべとした布製です。

もう一種類は迫力のある龍柄です。色味はモノトーンで落ち着いています。

f:id:quo_hitsuji:20190312160910j:plain

こちらは御朱印と同じく社務所で授与していただける「願かけ狐」。

狐さんの中に願い事を書いた紙を入れると、神様に届けてくれるそうです。ちなみにヒゲのある方がオス、ないのがメスなんだとか。

ご由緒

f:id:quo_hitsuji:20190312160348j:plain

 

アクセス

 JR「阿佐ヶ谷駅」より徒歩約8分

※住宅地の中にあって少々分かり辛いので、地図があった方がいいと思います。

ようやく『大神』クリアしたので感想とか(ネタバレなし)

f:id:quo_hitsuji:20190217134233j:plain
各所で絶賛されていながら、今まで一度もプレイしたことがなかったゲーム『大神』。たまたまPS2の廉価版が安く手に入ったので、正月休みからちょこちょこ進めていたんですが、先日ようやくエンディングまで至ったので、感想記事を書いてみます。未プレイの人にもオススメしたいので、なるべくネタバレはしない方向で。

結論から先に言うと、世界観、シナリオともに素晴らしかったです。そしてこれも散々言い尽くされてきたと思うけど、音楽がすごく良い。和風曲好きな自分には刺さりまくりのBGMでした。

なんでもっと早くプレイしなかったんだろう。

 

大神とは

日本の有名な神話や昔話などを題材にした、PS2用ゲームソフト(後にリマスター版である『絶景版』がPS4やSwitch用として発売された)。

主人公の白狼(大神)アマテラスとその相棒イッスンが、ナカツクニの平穏を取り戻すために旅をするというストーリーです。ゲーム中、アマテラスが使える神技「筆しらべ」という独自のシステムで敵を倒したり、謎解きをする要素があります。

なお、公式によるジャンルはネイチャーアドベンチャーですが、ゲームシステム的にはアクションRPG(だと思う)。難易度は全体的に優しめでした。

なお、2018年には「動物キャラクターが主役の最も評価の高いゲーム」としてギネス記録に認定されたそうです。

そして現在、主人公「アマテラス」のねんどろいど製作中らしいですね……!ちょうどクリア直後の発表だったので、非常にタイムリーに思えてびっくりしました。

 

良かったところ

良かったところは沢山ありますが、「音楽」「グラフィック」「シナリオ」と大きく3つに分けて書いていきます。この3つが優れているということは、すなわち良作だということ。

音楽

BGMが全編通して和風曲で統一されています。それが世界観にマッチしていてとても良かったです。早速サントラ買おうか迷っているレベル。

ちなみに個人的に一番グッときた曲は「クシナダを乗せて」。決意に満ちた感じが最高に格好いい曲です。あとはやっぱりラスボス戦の「太陽は昇る」ですね!

グラフィック

日本画風のタッチで描かれたグラフィックには、音楽同様、世界観と見事に調和した美しさがあります。子どもや野生動物の動きも愛らしい。

ですがその分実写のようなリアリティの高いグラフィックこそ至高、という人には合わないかも?

シナリオ

展開としては、ベタといえば非常にベタな感じもするものの、ラスボス戦のクライマックスシーンは涙無しには見られませんでした。ベタもとい王道というのは、逆に言えば押さえて欲しいところをキッチリ押さえてくれていると言えるわけで。久しぶりに「魂を揺さぶられる」感覚になったゲームでした。

ゲームの登場人物って、神話から名前だけ借りて来た完全に別物(元ネタとの関連性が全然ない)ってパターンがかなり多いと思うんですが、『大神』はその辺り結構意識して作られているように思います。神話のエピソードをなぞるように話が進んで行くわけではないですが、スサノオイザナギの子孫だったりクシナダに想いをかけていたり等、設定に元ネタとの繋がりを感じさせるキャラクターが多かったですね。いわゆる「匂わせる」くらいのものですが。

古事記や日本書記などの神話を知らなくても、竹取物語や浦島太郎など日本人なら誰もが知ってる話がモチーフになっている箇所もあるので、プレイ中にニヤリとする人は結構いるはず。元ネタを知らなくてもストーリーの進行には何ら問題ありませんが、知ってるとちょっとニヤニヤ出来るポイントが多いよって感じです。

ちなみに個人的に「それが来るかー!」という驚きが強かったのは里見八犬伝アイヌ神話です。アイヌに関してはだいぶ前に『アイヌ神謡集』を読んだことがあるくらいで、完全に勉強不足だったのがちょっと悔しい…。

アイヌ神謡集 (岩波文庫)

アイヌ神謡集 (岩波文庫)

 

 
イマイチだったところ

良い事しか書かないのもフェアじゃないと思うので、マイナス面も3つ挙げておきます。「悪いところ」というよりは、微妙だなと感じた部分です。

筆しらべの操作性

本作の最大の特徴でもある筆しらべ。左スティックをグリグリ動かしながら画面上に様々な線を描いていくというものなんですが、あまり操作性が良いとは言えないなぁと思いました。シナリオ上重要な局面では何度もやり直しをさせてくれたり、間違え続けるとお手本を出してくれたりと新設設計ではあるんですが……。

コントローラーによるゲーム操作上致し方ない部分もありますが、なかなか思い通りに線が引けないもどかしさは、ラクガキ王国を思い出すものがあります(あれも良いゲームだと思うんだけど、操作性の悪さとロードの長さがネックなのよなぁ……)。

その点、タッチパネルが使えるSwitch版はプレイしやすくなっていそうな気がします。

カメラ(視点)操作

ダンジョンではゼルダ的な謎解き要素もあったりするので視点の操作は必須なんだけれども、なかなか思い通りにいかないのがもどかしかったです。

ただ、オプションから上下、左右とも操作反転させることが出来るのはありがたかった。左右反転したらだいぶやり易くなりました(毎回設定しなきゃいけないのが多少面倒だったとはいえ)。

答選坊(ヌリカベ)

ダンジョン内でプレイヤーの行く手を遮る=とおせんぼをしている、「答選坊」という名のぬりかべのような見た目の敵がいるんですが、この攻略に結構時間をとられました。

体の表面に浮かび上がる複数の秘孔――もとい弱点を覚えて、その場所を突く必要があるんですが、この判定が異様に厳しく何度もやり直すはめに……。他の戦闘とかは割と難易度低めで救済措置があったりもするのに、何故かこのぬりかべだけシビアなんですよね……なんでだ。

 

まとめ

色々書きましたが、とりあえず言いたいのは確かに『大神』は神ゲーだったということ。それだけです。

2006年発売ということで既に十数年前のゲームですが、良いものは色褪せないんだなぁと。

実は『大神』クリア後、妹から借りた『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をプレイしているんですが、『大神』の謎解きアクション部分はちゃんとゼルダと差別化されていたんですね。プレイ中はゼルダっぽいなと思ってたんですが。

まともにプレイした『ゼルダの伝説』は「時のオカリナ」と今やってる「BotW」くらいなのでアレですが、ゼルダは探索を楽しむもの。一方の『大神』は全体的に雰囲気や世界観を味わうゲームだと感じました。

 

――というわけで、今やっても全然面白いゲームだったので、未プレイの方はぜひ一度『大神』プレイしてみてください。

今新しく買うなら絶景版(絵が綺麗)かつタッチ操作の出来るSwitch版が良いかも?

大神 絶景版 - Switch

大神 絶景版 - Switch

 
大神 絶景版 - PS4

大神 絶景版 - PS4

 

 なおPCでやりたい方向けに、Steam版も出てます。

KAITO生誕祭につき好きなアルバムを紹介『VOCALOID民族調曲集』

気づけばもうKAITO 13周年ですね、おめでとうございます。

ちょうど10周年のアニバーサリーイヤーの時に私事でバタバタしていて、気づいたらCDの予約期間が終わっており、結局10周年記念アルバム(受注生産品)が手に入らなかったことを未だに引きずっている管理人です。

15周年の時にでももう一回受注してくれないかな(´・ω・`)

もういっそCDじゃなく配信でも良いんだけど……。

 

――と、珍しくCDの話題を出したところで、折角なので私のお気に入りのボカロCDを1枚紹介しておきます。

 

VOCALOID民族調曲集

f:id:quo_hitsuji:20190217133352j:plain

(↑せっかくの誕生日なのでねんどろ兄さんと一緒に撮ってみた)

タイトルそのままですが、民族調のVOCALOID曲ばかりを集めたCDになっています。全15曲。

そのため私のように民族音楽(っぽい曲)が好物という人にはもちろんオススメなんですが、個人的には民族調に興味がなくてもKAITOファンには一押ししたいCDです。なぜかと言うと、15曲中5曲がKAITOソロ曲というボカロコンピCDとしては異例の比率になっているから。こんなに青いの珍しいよね?

結構前に出たCDなのでなぜ今更と言われるかも知れないんですが……

私がボカロにハマるきっかけとなった曲は『千年の独奏歌』と『番凩』なので、未だに兄さんの代表曲といえば真っ先に『千年の独奏歌』が思い浮かぶんですが、こちらのCDに収録されている独奏歌は伴奏がパワーアップしているだけでなく、ボーカルが幻のKAITO appendなんですよね。開発は進んでいたものの、V3エンジンが先に発表されたために結局発売される事がなかったとかいう…(うろ覚え)。兄さんのアペンド音源のデモを最初に聞いた時は「誰だお前」って突っ込んだ記憶があるけど(V3の時も同じこと思った)、あれももう相当前のことなんですね…振り返ると随分遠くまで来たもんだ

年長組がV3化された時はどちらもすごく嬉しかったし感慨深かったんですが、兄さんの声質に関してはどちらかと言うとV1時代の方が好きなので、昔の曲聴いてると妙に安心することがあったりw

ちなみに『VOCALOID民族調曲集』に入っている『千年の独奏歌』以外のKAITO曲は全て無印なので、アペンドとV1どちらも楽しめます。

AmazonでもiTunesでも視聴可能なので、気になった方はぜひ聴いてみてください。そして民族調音楽とKAITOの良さに目覚めるのだ!(ダイマ)

 

VOCALOID民族調曲集 feat. 初音ミク(Append) / 鏡音リン・レン(Append) / 巡音ルカ(新Append β) /  KAITO(Append)  【ジャケットイラストレーター: 憂】

VOCALOID民族調曲集 feat. 初音ミク(Append) / 鏡音リン・レン(Append) / 巡音ルカ(新Append β) / KAITO(Append)  【ジャケットイラストレーター: 憂】

 

 

KAITO誕っぽく兄さんばっかり推したけど、他の子の曲も皆どこか郷愁を誘う感じで美しいものばかりなので、他ボカロファンの人も楽しめると思います(めーちゃんは居ないけど……)。

KAITOボーカル以外の収録曲なら、ここは神話好きらしく『Pygmalion』を挙げておきたいですね。自らが造り出した彫像に恋してしまったピグマリオンの話(ギリシャ神話)を元に作られた楽曲で、レン&ルカの歌が折り重なって紡がれていくのが特徴です。ルカさんの声に関しても他では聴けない「巡音ルカ 新Append β」ver.となっています。

腱鞘炎にご用心

ここのところブログの更新がどんどんスローペースになっていますが、書く気がないわけじゃないのです。じゃあ何故なのかというと…

パソコン作業してると指が痛い。

仕事もずっとPCと向かい合ってキーボード叩いているのに加え、家に帰って来てからもブログの文章打ち込んでたせいなのか、マウスのクリックとか文字の入力をする度に人差し指の付け根が痛むようになり、それを庇っていたら別の指も痛むようになりまして……

どうも腱鞘炎っぽいので、ブログ記事の作成はしばらくお休みしていました。

PC触らない時間を作ってやったら大分改善したので、また騙し騙しブログの作業を再開していきたいと思います。

 

パソコン腱鞘炎(マウス症候群)

楽器も触らないのに、パソコンの使い過ぎが原因でなる腱鞘炎のことを特に「パソコン腱鞘炎」とか「マウス腱鞘炎」と言うそうです。

PC作業を続けていると痛みが出るので勝手にこれなんだろうなーと思っていますが、「パソコン腱鞘炎」で調べると顕著なのは手首の痛みらしいんですよね。手首に関しては姿勢を正して作業を行うとか、リストレストを使うと良いとか対処法が書かれていたんですが、姿勢はともかく指の痛みにもリストレスト(ハンドレスト)って効果あるのかな……?

テーピングすると良いという話も聞いたので、また痛みが強く出てきたら試してみようと思っているところです。結局は指を休ませるのが一番なんだろうけど。
ただ下に記しますが、私の場合は正直パソコンの使いすぎが原因かは分からない部分もありまして……。

 

腱鞘炎と体質の話(ごく個人的な話)

これはあくまで「自分の場合は」という但し書きがつく話なのですが、9年前に甲状腺疾患を患ってから、手足が痺れやすくなったりバネ指っぽい症状が起きやすくなったりしているので、もしかしたら腱鞘炎になりやすい体質なのかもなぁという気がしています。基本的に痛みは無いんですけど、起床時とかに指を曲げるとカクンってなることが多いんですよね。バネ指も腱鞘炎の一種だそうなので、関連があってもおかしくはないよなー……と。

甲状腺の数値が悪かった時は両足が麻痺して立ち上がれないなんてこともあったので、それに比べたら全然良いんだけど。

あ、これはあくまで自分の体質について個人的に思ったことです。管理人は医療についてはドがつく素人なので、ご自分の健康不安についてはきちんと専門家に相談してください。

初音ミク ミュージックカフェ(アニONカフェ)に行ってきた

f:id:quo_hitsuji:20190205180700j:plain

初音ミク MUSIC CAFE 2本目』に行ってきました。

第1弾の時に行けなかったことを割と悔やんでいたので、第2弾の開催が純粋に嬉しい。今回はなんば・栄でも開催されますが、こちらの2店舗は時期がズレているので注意が必要です。

 

  

 

お客さんの女性比率やばい高い

まず受付で入場料を支払い、首からかける入場パス(自席の番号が書いてある)を受け取りました。奥の扉の前まで行くとスタッフさんがやって来て、席まで案内してもらいます。

そこでふと気づく、驚愕の女性比率の高さ。平日の昼間っていうタイミングもあるとは思いますが……

周りを見ると皆女性ペアで、お一人様がいない。初ミュージックカフェだったので、席についた所で丁寧な説明を受ける私。ぼっち客が自分だけという事実を受けて、すでに若干キョドってましたw

あ、最終的にぼっち客は自分含めて3人ほどに増えたので、一人で行こうと思ってる人も大丈夫ですよ。こんな書き方しといてアレですが。

f:id:quo_hitsuji:20190205180720j:plain

(↑楽曲によってたまに動画が流れるモニター)

注文は席に備えてつけてあるオーダーシートにチェックを入れてレジに持って行くシステム。ノベルティ付きのドリンク・フードの場合は、レジでAタイプかBタイプ(旧タイプ)かを選択するようになっていました。

コラボフードに付いてくるアクリルスタンドはランダムですが(AかBかのみ選択可能。ただしBタイプは無くなり次第終了)、ドリンクについてくるコースターは対応するキャラクターのものになっているので、特定のキャラ狙いの場合はそのキャラクターモチーフのドリンクを頼むのが一番かも。

 

メニュー(今回注文したもの)

f:id:quo_hitsuji:20190205165911j:plain

  • KAITOMEIKOのお出かけハンバーガープレート(1,000円)
  • ねぎ青りんごドリンク(500円)
  • ミクのブルーグリーンモヒート(750円)

なぜハンバーガーにしたかというと、この青いソースの正体が気になり過ぎたからです。あとちょうどお昼時でお腹すいてた。

フードメニューを頼むと貰えるアクリルスタンドはランダムなのですが、今回はリンちゃんが来てくれました(Bタイプ)。

f:id:quo_hitsuji:20190205175111j:plain

 KAITOMEIKOのお出かけハンバーガープレート

f:id:quo_hitsuji:20190205173340j:plain

KAITOのイメージカラーである青色のソースと、MEIKOのイメージカラーである赤色のソースが添えられたハンバーガー&トルティーヤチップスのセットです。

見て下さい。この青色何号だか知らないけど、食品に使うべきじゃない綺麗なブルーのソースを。

食べてみると、青く色づけされたタルタルソースでした。色のせいで最初脳が上手く処理できなかったけど、マヨネーズ分の多い――そう、キ○ーピーが出してるタルタルソースっぽい感じ。

ちなみに赤い方は定番のスイートチリソースでした。トルティーヤチップスの食感が好みの感じで、ソースにつけて食べると美味しい。

ハンバーガーのパテも滑らかでなかなか美味しかったです。レタスとトマトが一緒に挟まってました。

 

ねぎ青りんごドリンク

f:id:quo_hitsuji:20190205175434j:plain

※ねぎは入っていません。

今回の『2本目』から新しく追加されたねぎ青りんごドリンク。

白い部分はふわふわに泡立てられたミルクでした。下の方に緑のリンゴソース?ジュース?が溜まっているので、混ぜずに飲むと「おお、青りんごだー」という感じなのですが、ミルク部分とミックスするとかなりまろやかな味わいに。

他のコラボドリンクは全てソーダなので、炭酸苦手な方はこれがオススメですが、こちらのドリンクにはコースターが付かないので注意してください。

ミクのブルーグリーンモヒート

f:id:quo_hitsuji:20190205175043j:plain

分かっててオーダーしたものの、やっぱりコースター欲しいなーと思って悩んだ挙句、追加注文したのがこちらです。

最初に断っておくと、私はモヒートという飲み物があまり好きではないんですよ……(ミントアイスは好きなんだけど)。

なので味は、まぁ、うん。

下に溜まっているミントのシロップが結構甘かったです。上に乗ってるライムが割といい仕事してた。でも個人的には全体的にもっとすっきりしたライムソーダ!みたいな味のほうが好みかなー。

ミクさんのコースターはAタイプ。新しい方の絵柄です。

 

好きな曲をBGMにしてもらえる

f:id:quo_hitsuji:20190205180037j:plain

レコードラックからジャケットを選んで、かけて欲しい曲をふせんに書いて渡すことで店内BGMのリクエストが出来るというお洒落なシステム。

ジャケット絵を見ているだけでも楽しいし、何なら他の人が選んだ(と思われる)曲をぼーっと聴いてるだけでも結構楽しめます。自分では見つけられなかっただろう音楽を新しく知ることが出来る、いい機会になりました。

8HITのミクルカver.なんて存在してたんだなぁ……とか(調べたらメイカイver.もあった)。

 

オリジナルグッズ

f:id:quo_hitsuji:20190205180106j:plain

ミュージックカフェオリジナルグッズの他、一部雪ミク関連商品等も販売されていました。クリアファイルに集合絵があればなぁ……。

第一弾の時はすぐに売り切れてしまったネギラバーキーホルダーもまだ余裕がありそうでした。

 

初音ミク MUSIC CAFE(2本目)』基本情報

※いずれの会場も入場料500円が必要、1オーダー制。予約不可。

AKIHABARA本店

期間:2019年1月30日(水)~3月10日(日)

時間:11:30~22:30

場所:東京都千代田区神田3丁目1-16 ダイドーリミテッドビル1F

なんばパークス店・名古屋ビーカム栄店

期間:2019年3月14日(木)~4月2日(火)

時間:12:00~21:30

場所:大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス6F なぞともカフェ内

愛知県名古屋市中区栄3-32-6 BECOME SAKAE 7F なぞともカフェ内

特設サイト

bandainamco-am.co.jp