ろじうら小道

日々のつれづれ。

マジカルミライ2019のDVDが届いたよ

あけましておめでとうございます。

年末からPCの調子が悪くて遂には日本語入力すら出来なくなりましたが、私は元気です。

仕方ないので今回は諦めてスマホでブログ書いてます。

 

▼マジカルミライ2019の感想記事はこちら

マジカルミライ2019に行ってきた(2)ライブ感想:夢と現の境界で。 - ろじうら小道

 

マジミラDVD(限定盤)届いたよ!

f:id:quo_hitsuji:20200108194537j:image

今回は2年ぶりにMXモールで注文したので、こんな感じの可愛い段ボールで届きました。

OTODOKE MONO DESU! (お届けものです!)って書いてある。

早速開封します。

f:id:quo_hitsuji:20200108195259j:image

スリーブケースに入った状態の円盤とルカさんのアクリルキーホルダー、そしてMXモールの早期予約特典だったデカトートバッグです。

トートバッグは確かに名前の通りそこそこデカい上、しっかりした麻布なのでイベントの時とかに色々入れられそうです。裏面は無地なので、イベント会場までの道のりでは一般人の振りも出来るぞ。

さて、肝心のスリーブケースの中身は……

f:id:quo_hitsuji:20200108221331j:image

左がライブ写真とかイラストとかが載ってるスペシャルブック、右がDVD(パッケージ開いて撮れば良かった)。その2つの下にあるのが銀テープ風カラビナ

DVDは例年同様、東京公演の千秋楽の映像が収められたメインディスクと、日替わりで演奏された楽曲&その他の特典映像が収録されているディスクの二枚組です。

スペシャルブックにはマジカルミライ クエストの再現問題なんかも載っていて楽しめました。

円盤化で音質改善されてた

早速DVD観てみたんですが、正直懸念してたライブの音質、円盤化にあたってちゃんと改善されてました。

ライブ会場では歌詞とかよく聴き取れなくても仕方ないよなーって感じで全然気にしてなかったものの、直後に放映されたMXの特番を観た時に「あれ……これ音質大丈夫か……?」とちょっと不安に思ってたんですが、杞憂だったようです。会場では言葉が聞き取りづらかったKAITOの合いの手とかもちゃんと聴こえました。

というわけで、もし音質に不安があってBD/DVD購入を躊躇っている方がおられましたら、ぜひ買ってください(ダイマ)。みんな可愛いので!

初音ミクシンフォニー2019横浜公演の感想とか

MEIKO15周年おめでとうございます。遅ればせながら、初音ミクシンフォニー2019に参加した時の感想等をまとめました。

※セトリや演出面など、盛大なネタバレを含んでいるため、大阪公演までネタバレNGな方はご注意ください。

f:id:quo_hitsuji:20191015114904j:image

基本情報

公式サイト

 https://sp.wmg.jp/mikusymphony/

物販とか

f:id:quo_hitsuji:20191015114822j:image

物販開始時刻は12時から。

やはり一昨日の台風19号の影響があるのか、去年と比べると待機列短かったように思います。海風寒かったのでウインドブレーカー持っていって正解でした。

 

待機列最後尾についてオーダーシート貰ったのが11時45分くらいで、買い終わったのは13時半くらい。

今回は物販列の他に、MEGA39sの試遊待ちとCDの予約受付列が形成されていました。

 

ざっくりまとめ(公演の特徴とか)

  • MEIKO 15周年メドレー
  • SEGA初音ミクproject DIVA10周年
  • (GUMI 10周年)
  • クリプトン一家揃い踏み、全員喋る
  • 各キャラごとにピックアップコーナーあり(公式パンフにKAITOメドレーは載ってないけど、アンコールはラストを除いてほぼKAITOメドレーだった)
  • ミクダヨー&フレンズonステージ
  • スピカ砲

 

f:id:quo_hitsuji:20191015114946j:image

感想など

 キャラクター関係(3Dモデルとミクダヨー&フレンズ) 

ついに全員揃ったMCパート

 
今年はMC……トーク部分に関して、かなり力入ってるなーと感じました。

リンレン10周年の時はミク&リンレンだけの登場だったし、去年は両者とも10周年だったルカ&テトとミクで司会、という感じだったので、基本的にミクさん以外は◯周年とかの節目を迎えたキャラだけが出てくる形を取るのかと思ってました……が、まさかの全員登場&トークあり!しかもそれぞれに仲良く絡むじゃん……最高かよ……。

 
実のところ、少し前にTwitterで6キャラ分のモデル全員揃ったのを見てたので、今回の公演でお披露目されることも期待はしていたんですが、シンフォニーで全員が一堂に会する日がこんなに早くくるなんて、少なくとも去年は全く思ってませんでした。

オープニング映像なんてまだ喋っても歌ってもいないのに、ミクさんと一緒にステージに立っためーちゃんの美しさで既に泣きそうに。そしてそこからの1/6で無事に涙腺は崩壊しました。

 
↓個人的に尊さ&可愛さでやられたポイント

  • めーちゃん喋ってる後ろでニコニコしてる鏡音
  • 「ミク、リン、レン、ルカ、そしてKAITOと一緒に、20年でも30年でもずっとずーっと歌っていくから」
  • 「最後にKAITOも駆けつけてくれました」
  • 緑・赤・青(初期3人組)の「まったねー」
  • ミクさんの公式イベントにおける「MEIKO姉さん」呼び
  • 最後はクリプトン6人全員揃い踏み
ダヨー&フレンズ

初音ミクシンフォニーでは毎年のように出演しているダヨーさんですが、この度仲間が増えました。

今回の横浜公演で初お披露目されたメイコダヨーさんとカイトダヨーさん……くん?

終盤は着ぐるみショーばりに出番多かったですね。サンドリヨンではスクリーンに映し出されたproject mirai版のPVと舞台上のダヨーズが、理想と現実の対比みたいになってて可笑しかったです。

そしてうろたんだーでは3人揃ってのパフォーマンス。そしてその中でもやっぱり動きのキレが段違いのミクダヨーさん。

今後もリンレン・ルカのダヨーさんとか出てくるんでしょうかね……?

 

f:id:quo_hitsuji:20191118223851j:plain

曲関係の感想や全体の流れなど

今回のシンフォニーは全員にスポット当たってた感があって、素晴らしいセトリだと思いました。箱推し的には大満足です。

オープニングはぼーかりおどPの『1/6』から。SFチックな映像が舞台上部のスクリーンに映し出されます。そして昨年のOPを飾った『39』。

ちょっとテンション高めのルカさんMCとルカメドレー(定番曲に続き10周年記念曲の『メモリ』が再演されたのが印象的だった)に続き、リン&レンメドレーでは初披露の『ねぇ、どろどろさん』他2曲の演奏。(右肩の蝶はレンくん曲になったんですかね?オリジナルはリンちゃんだったよね……??

―ーからの、本日の主役MEIKO登場!

ともすれば舞台上のメイコダヨーさんに意識を持っていかれそうになりながらも繰り広げられるメドレー3曲の演奏に、笑いとか微笑ましさとか感動とか感慨深さとか、色んなものがこみ上げてきました。あと、『ピアノ×フォルテ×スキャンダル』の声はV3?初めて聴いたなーとか。

 

その後休憩を挟んでコンサートは後半へ。

小編曲コーナーはクリプトン×インターネット社製ボカロ(GUMI、がくぽ)の曲を4曲。『スーパートルコ行進曲』をオーケストラでやっちゃったらそれはもうトルコ行進曲なんじゃないだろうか……いや、そうでも無かったな。

SEGA音ゲー・DIVAシリーズも今年で10周年ということでDIVAメドレーも披露されたんですが、その中でも特に『罪の名前』がとても良かったです。2016年のミクシンフォニーでも演奏されたことのある曲ではありますが、その年はイベントに参加できていないため、今回初めて生演奏を聴くことができ感動しました。

この曲といい、続くBad∞end∞nightシリーズといい、今回のシンフォニーは物語性のある楽曲が多かったような気がします。個人的にはそういう曲は大好物なので(それとマジミラ向きじゃない曲も多いと思うので)どんどんやって欲しいけど、大阪ではガラッと雰囲気変わるのかな?

Bad∞end∞nightメドレーはハロウィンのある10月公演に合っていたと思います。もちろんGUMI10周年も兼ねている(たぶん)ので、12月の大阪公演でも違和感なく楽しいはず。

ところでコレは公演内容とは関係ないんですが、私はひとしずく×やま△Pの楽曲なら『祝福のメシアとアイの塔』が一番好きなので、いつかミクシンフォニーで聴けたらなと思っています。Bad∞end∞night(というか他社ボカロとのタッグ曲)がいけるならば……!という期待があるんですが、どうなんでしょう。

話を戻しまして、メドレーに続いて披露されたのは『星のカケラ』。去年のミクシンフォニーの感想記事で「次があるなら(人とボカロが)一緒に歌うバージョンも聴いてみたい」と書いた身としては、そういう方向に持っていって貰ったことに感謝を。ボカロと人の声の混声はバランスが難しいと思いますが、こういうコンサートでもないと聴く機会がないので、一つの可能性として残していっていただけたら良いかなと思っています。

最後の曲は去年に引き続きの『たいせつなこと』。何気に2年連続出演を果たしたテトさんを含んでの、オールキャスト曲です。今のところミクシンフォニーのテーマソングは2年ずつの演奏だったので(未来序曲→たいせつなこと)、来年あたりにまた新しい曲が来るんでしょうかね……?

 

さて、毎度"おまけが本編"感のあるアンコールです。

KAITOメドレーと銘打たれてはいないものの、カンタレラ、サンドリヨン、うろたんだーと、いずれも兄さんの代表曲を3曲。個人的にカンタレラとサンドリヨンは去年のアンケートにも書いたくらい、ミクシンフォニーで演奏して欲しかった曲なので本当に嬉しかったです。

出来ればCDに関しては手拍子なしのもの(リハ音源とか)を収録して貰えると尚嬉しいんですけどねー……。

そして大トリはSPiCa。

噂に聞くスピカ砲というものを初めて体感することが出来、感無量です。曲自体も久しぶりに聴いた懐かしさとか色々相まって本当良かった。

 

ーーというわけでセトリについて総括しますと、個人的には過去最高のミクシンフォニーでした。

MEIKO15周年を押し出しつつも、6人それぞれにピックアップコーナーがあるなどミク・MEIKO以外のファンにもオススメ出来る内容で、そういった意味で「バランスのいい」曲選だったと思います。何より10周年が地味だった年長組(MEIKOKAITO)がちゃんとフィーチャーされ、公式イベントでお祝いして貰えたのが最高に嬉しい。

来年はミクシンフォニー5周年ということなので、これまた楽しみですね。

 

セットリスト

前半

1/6 -out of the gravity-

39

巡音ルカメドレー(ワールズエンドダンスホール〜ルカルカ☆ナイトフィーバー〜メモリ)

鏡音リン・レンメドレー(ロキ〜右肩の蝶〜ねぇ、どろどろさん)

MEIKOメドレー(nostalgic〜on the rocks〜ピアノ×フォルテ×スキャンダル)

後半

小編曲コーナー(ハッピーシンセサイザ〜いーあるふぁんくらぶ〜スーパートルコ行進曲〜嗚呼、素晴らしきニャン生)

DIVA10thメドレー(catch the wave〜odds &ends〜罪の名前)

Bad∞end∞nightメドレー(シリーズ全4曲)

星のカケラ

たいせつなこと

アンコール

カンタレラ

サンドリヨン

卑怯戦隊うろたんだー

SPiCa

初音ミク MUSIC CAFE 3本目に行ってきました

f:id:quo_hitsuji:20191005224708j:image

 

前回行ってるし今回は見送ろうかとも思ったんですが、カフェメニューも変わってることだし、せっかくなので9月の3連休を利用してアニON行ってきました。

基本的なシステムとかは「2本目」の時と同じなので、下の前回の記事を参照してください。

rojiurakomichi.hatenablog.com

 

混んでいたので90分制になってた

その日の秋葉原は何かイベントがあったらしくラブライバーの皆さんが忙しそうに行き交っていましたが、マジカルミライも終わり、会期も終盤となったミクコラボカフェはそこまで混んでないだろうと高を括って向かったところ……

混んでた。

受付に行くと、次に入場出来るのは13時20分です、との案内が。

入場料は後で払えばいいという事なので、とりあえず13:20〜14:50の回の券を貰って離脱。

入場可能時間まで数十分の時間を潰さないといけないので、前々から行く機会をうかがっていた神田明神にお参りして戻ってくることにしました。

が、これが罠だった。

(本当は罠でも何でもなく、単に自分がキチンと確認しなかっただけなんですが)

なぜか自分が入場したタイミングから90分丸々居られると思い込んでいた私は、14時近くに受付へ戻ってようやく、自分に残された時間が50分しかないことに気づいたのでした。約半分もの時間を……無駄にしてしまった……(自業自得)。

恐らく(開催されるなら)次回以降も同じシステムだと思われるので、自分への戒めとしてこの教訓を残しておきます。

 

☆混雑して時間制になっている場合、どのタイミングで入っても終わりの時間は決まっているので気をつけよう☆

 

……はぁ、バカだなぁ。

 

コラボメニュー(フード&ドリンク)

フード一品注文ごとにミニアクリルスタンド(ランダム)、ドリンク注文で対応するキャラクターのコースターが貰えます。

リンとレンのイエローマンゴーミルク(694円)

f:id:quo_hitsuji:20191004083154j:image

たっぷりのミルクと下に溜まっているどろっとしたマンゴー部分を混ぜて飲む、イエローマンゴーミルク。

写真のコースターはリンちゃんのAタイプ(「3本目」の絵柄)です。

このコースターですが、リンorレンのどちらか一方を選んでオーダーシートに丸つけるようになってました。お目当てのキャラが確実に入手できる、単推しの人にも優しい仕様です。

でもやっぱりリンレン揃えたい人も多いのか?スタッフさんが親切に「一つでよろしかったですか?」と確認してくれました。

ランダム配布のアクスタが誰になるかで追加注文検討しようと思ってたので、この時点ではとりあえずドリンクは1つだけ注文。

 

 MEIKOとルカの可憐なパンケーキ(833円)

f:id:quo_hitsuji:20191004150414j:image

女子力高めの見た目ですね。

パンケーキはまぁ……上に乗ってる2種類のアイスと、ベリーのソースは美味しかったです。

店内見渡した感じ何となくですが、フードメニューの中だとこのパンケーキを頼んでる人は多そうに見えました。

 

ちなみにフードメニュー特典のアクスタで来てくれたのはミクさん。

f:id:quo_hitsuji:20191004150315j:image

全キャラのA〜Cタイプ中で一番好みのテイストだったので嬉しいです。

(Aは今回=3本目のイラスト、Bが2本目、Cが最初のコラボの絵柄)

 

コラボグッズ

今回も初音ミクミュージックカフェ・オリジナルグッズが販売されてました。

訪問時には確かマルチポーチが一部売り切れてました。

f:id:quo_hitsuji:20191005224855j:image

散々迷った挙句やめちゃったけど、やっぱりネギ巾着買えば良かったかなー……。

f:id:quo_hitsuji:20191005225312j:image

入り口のガラスケースにもグッズ等々が展示されてました。

 

その他:店内写真とか

今回初音ミクコラボやってたのは2本目に行った時と違う部屋でした。

入ってすぐ、メインビジュアルとテーマソングのイラスト、ミクさんたちのパネルが目に飛び込んできます。

f:id:quo_hitsuji:20191005225739j:image

f:id:quo_hitsuji:20191005230314j:image 

ステージ的なものはないけど、中央に大きめのモニターが。

f:id:quo_hitsuji:20191005230537j:image

リクエスト等で選曲された楽曲のMVなどがモニターに映し出され、それを見聞きしつつコラボメニューをいただきます。

この各々が好きな曲をリクエストできるの、とても良いシステムだと思うので、ぜひ4本目、5本目とコラボを続けていって欲しいです。

今回貰ったスタンプカードに次回開催時も使える的なことが書かれていたので、その時を楽しみにしつつ、財布にスタンプカードを忍ばせておこうと思います。

 

ドラゴンクエストⅪ失われた時を求めてS(Switch版ドラクエ11)、始めました

f:id:quo_hitsuji:20190928173412j:image

スイッチばんドラクエ11を てにいれた!

Amazonで予約してたゴージャス版が昨日届きました。

ドラクエ11自体は3DS版の方をプレイした時にどっぷりハマり、勢い余ってPS4版も本体ごと購入しようか迷ったくらいだったんですが、後でSwitch版も発売?そっちが完全版⁇みたいな話が出てたので、この日を楽しみに待ってました。

f:id:quo_hitsuji:20190928173546j:image

歴代シリーズのパッケージと一緒に並べたいので、今回もパケ版を購入。メタリックな光沢のあるスリーブに入っています。

ちょっともう、この紋章見ただけでテンション上がって来ました。ロトの紋章って青地のイメージ強いけど、あえての赤なんですね……⁈

 

ゴージャス版ダウンロードコンテンツ

※特典装備の見た目ネタバレあり

  • ボイスドラマDLC(全10話セット)
  • 日本語/英語ボイス切り替え機能DLC
  • トロデーン王国セット(見た目が変わる主人公専用装備
  • うりぼうセット(見た目が変わるベロニカ専用装備)
  • ハッピー冒険セット(きせきのしずく×5、スキルのたね×5)

 

下3つがゴージャス版特典DLCになってます(トロデーン〜冒険セット)。

ボイスドラマに関しては通常版購入の場合でも有料で追加可能です。

 

トロデーン王国セット

f:id:quo_hitsuji:20190928173614j:image

ドラクエⅧ主人公のデフォルト衣装を模した装備品セット。

何か……あの、11主人公のサラサラヘアとオレンジのバンダナが組み合わさることで、ハンフリーさんみを感じるような……。

こうやって見るとやっぱり8主人公はこの服すごい似合ってたんだなって……やばい久々にドラクエⅧもやりたくなってきた。

うりぼうセット

f:id:quo_hitsuji:20190928173632j:image

3DS版プレイ時に猫装備を愛用していた私としては大変楽しみにしていた、ベロニカ用の新しいきぐるみ装備です。

リボン付いてたりして、後ろ姿も可愛らしい。

f:id:quo_hitsuji:20190928173651j:image

Switch版から「見た目装備」システムが加わったことで、ステータス的により上位の装備を手に入れた後でもきぐるみ姿で冒険を続けられるようになったのが嬉しいですね。

f:id:quo_hitsuji:20190928173717j:image

ヨッチ族の村来たらいきなり2D表示になって驚いたんですが、こんな感じで2Dモード時も変更した装備が反映されています。

ただこの場合は見た目装備ではなく、セットで装備していないとその見た目にならないみたいです。

 

フォトモードで仲間と記念撮影

ドラクエ11Sからフォトモード、つまり写真撮影機能が追加されました。うん、最近のゲームっぽい!

下は先日体験版をプレイしてる時にお試しで撮ったものです。

f:id:quo_hitsuji:20190928173815j:image

+ボタン押下からフォトモードを選択できる他、▼がショートカットになっています。

ホイミなポーズ(にこやかに手を振る)

◀︎メラなポーズ(レベルアップ時のキメ顔サムズアップ)

▶︎ヒャドなポーズ(泣き・悲しげなポーズ)

パルプンテなポーズ(各々ランダムでポーズをとる)

という感じで、パーティメンバー4人にポーズを取ってもらっての撮影が出来ます。

f:id:quo_hitsuji:20190928190233j:image

5人目加入後まで進めてもフォトモード入った時に4人しか居なかったので、

最大4人までしか映らないのかー……と思ってたら、パーティから主人公を抜いたら5人で撮影出来ました。

f:id:quo_hitsuji:20190928174956j:image

 

ヨッチ族の村

f:id:quo_hitsuji:20190928175021j:image

滅茶苦茶にされてしまった冒険の書に触れることで過去作(ドラクエⅠ〜Ⅹ)の世界に飛び、その歴史を正していくという、一種のファンサービス的なアレ。

元々PS4版には無くて3DS版にのみ存在していた要素ですが、すれ違い通信が行えない関係上(?)Switch版には仕様変更されて導入されています。

f:id:quo_hitsuji:20190928175056j:image

3DS版ではヨッチ族を仲間にして彼らにダンジョン攻略してもらう流れでしたが、Switch版では世界各地にいるヨッチ族を探し出して合言葉を教えてもらう、という仕様になりました。

3DSの方のヨッチ族を集める作業は楽しかったし、お気に入りのヨッチ族を着せ替えれるのも可愛くて良かったと思うんですが、肝心のダンジョン攻略が「兵を消費しては都度補充して突き進む」という中々に鬼畜なシステムだったので、個人的には今回の仕様変更は良かったかなと思います。少なくともヨッチさんサイドにはだいぶ優しいシステムになった。

 

とりあえずストーリーを進めたい

今回取り上げた以外にも遂にドラクエにもボイスが付いたとか、サウンドがオケ音源になったとか、しばりプレイの増加とか、様々な追加・変更点はありますが、やっぱり一番気になっているのは追加ストーリーなので、とりあえず話を先に進めて行きたいです。

新たに"あの時"皆がどうしていたのかが描かれているという事なので、早くそれを知りたい……!

今ちょうどダーハルーネで船を入手するくだりをやってる所なので、まずは命の大樹を目指して前進あるのみ。 

というわけで、くろひつじはそろそろ冒険の旅に戻ります。アデュー!

ねんどろいどどーる(クイーンオブハート)が来ました/アリスとの比較&うちの子に着せてみるやつ

先月末、予約注文していたクイーンオブハートさんが届きました。

f:id:quo_hitsuji:20190916122404j:image

 

 

なお、ねんどろいどどーる『アリス』については以下の記事で取り上げています。

rojiurakomichi.hatenablog.com

rojiurakomichi.hatenablog.com

 

ねんどろいどどーるとは

ねんどろいどどーるは、頭部サイズはねんどろいど、体のサイズは布のお洋服も着せやすい大きさの、豊富な可動が楽しめる動かして楽しい手のひらサイズのアクションフィギュアです。

多数の商品展開をする「ねんどろいど」シリーズとのスムーズな頭部交換ができますのでお手持ちのキャラクターと組み合わせてもお楽しみいただけます。(商品説明より)

公式サイト

ねんどろいどどーる | GOOD SMILE COMPANYねんどろいど どーるとは

 

 ねんどろいどどーるクイーンオブハート

いざ、開封していきます。

f:id:quo_hitsuji:20190916122501j:image

内容物は以下の通り。

  • フィギュア本体(素足パーツ付属、胸囲65mm)
  • 王冠
  • パニエ付きドレス
  • 下着
  • ハイヒール(足裏マグネット付)
  • 交換用手首一式(握り手、指差し手)
  • 専用台座(足裏マグネット対応)
  • 可動支柱一式
  • 取扱説明書

 

ドレスはワンピースで、背中側で留めるようになってます。長袖なので腕通すのがちょっと難しかったです。

正しい着せ方なのかは分かりませんが、上から片方ずつ腕パーツ通してその後で胴体と繋げる方が、普通に着せるよりはやりやすかったかな。

 

f:id:quo_hitsuji:20190918142441j:image
クイーンさんめっちゃ美人。

あとグラマラス。ねんどろ体系なのに。

アリスちゃんと比べるとバストサイズが違うんですよね。クイーンさんは巨乳さんです。

 

斜め後ろから。

f:id:quo_hitsuji:20190918142541j:image

髪の編み込みが素敵です。

王冠は前髪と後頭部の間にプラスチック片を挟み込んで固定します。アリスのリボンと同じ感じですが、こっちの方が底部が平らなので(頭の形が異なる他キャラでも)安定しますね。

 

なお、ハイヒールは脱ぎ履き出来ないので、素足パーツが付属しています。ハイヒールのマグネットは爪先側、素足パーツのマグネットは踵側に。

 

交換用の手首パーツは握り手(グー)と指差し手の2種類。素体に元々付いてる五本指(パー)のと合わせて3種類です。ビシッと指図するポーズなんかに使えそうな、指差し手がハートの女王感あって良いですね。

 

うちの子に着てもらうコーナー

ねんどろいどどーると互換性のある、他のねんどろいどキャラクターにもお着替えしてもらいました。

ねんどーるMEIKO

我が家で赤いドレスが似合う方と言えばやっぱり……

f:id:quo_hitsuji:20190920084334j:image

MEIKOさんです!

可憐!そして凛々しい!麗しい!

はー、やっぱ赤似合うなー。今回のクイーンオブハート、殆どめーちゃんの為に購入したような所あるしなぁ。


クイーンさんの目の色も(ちょっと明るいけど)茶系なので、髪型はそのままに表情パーツをクイーンさんに差し替えて撮ったのが下の写真。

f:id:quo_hitsuji:20190920084415j:image

こうやって見ると元々のねんどろMEIKOの目ってさっぱりというか、素直な感じの目だったのが分かりますね。

クイーンさんのお目々はまつげ長くてちょっと大人っぽい。 

ねんどーる巡音ルカ

ルカさんだとこんな感じ。

f:id:quo_hitsuji:20190920084442j:image

ハートの女王感はあんまり無いけど、これはこれで良き。

ルカさんに着せる場合は、王冠ない方がお嬢様っぽくて好きかも知れないです。

 

おまけ:アリスミクさんと一緒

ところで。アリス服と女王服が揃ったということは、アレが出来るんですよ。

私の大好きな楽曲、OSTER Projectさんの『Alice in musicland』ごっこが!

f:id:quo_hitsuji:20190920084622j:image

アリスミクと女王MEIKO、可愛い過ぎないですかね⁇⁇

 

ちなみに、グッスマ公式からはアリス関係のキャラ(?)として他にホワイトラビットとマッドハッターも出ているので、気になる方はそちらも併せてチェックしてみてください。

というか公式のねんどーる衣装だいぶ増えてきた(しかも可愛い!)ので、買わずに耐えるのが辛くなってきた……。