ろじうら小道

日々のつれづれ。

2018年に参加したミクライブを振り返り&比較しました

さて、MIKUEXPO in Europeも無事に終了したことで、今年の主だったミクライブは終了しました。

パリ公演の模様をWOWOWで視聴しましたが、欧州のファンがノリノリでエンジョイしている様子を見ることが出来て楽しかったです。

まさに音楽に国境はない、ですね。

f:id:quo_hitsuji:20181215180851j:plain

(写真はマジミラ会場で撮影したねんどろいど)

 

今後の参考用として、2018年中に参加した初音ミクライブ&コンサートの比較まとめ置いておきます。主観的な内容になっているので、あくまで参考程度に読んでください。

また、EXPOやSNOWMIKU(雪まつり)は自分では実際に参加出来ていないので載せていません。この2つに関しては、(テレビで観た感じだと)雰囲気的に一番近いのはマジカルミライだと思いますが、実際のところは別の方のレポ等を参照してください。

なお現地で観覧はしましたが、東京150年祭におけるプロジェクションマッピングはちょっと性質の違うものだと思うので、ここでは扱っていません。よろしければ当日の感想記事をどうぞ(→浜離宮の東京150年祭でミクさんを観てきた感想とか)。

 

参加したミクイベまとめ

具体的には、鼓童ライブ、マジミラ、かわさきジャズ、ミクシンフォニーの4つを比較していきます。

なお、「出演ボカロ」の項目は、3Dモデルでの出演があるキャラクターのみ記載しています(この中ではミク×鼓童マジカルミライのみSEGA系モデルが使用されている)。

鼓童×初音ミクスペシャルライブ

人気ボカロ曲と和太鼓のコラボレーション。音圧が凄い。会場のNHKホールは渋谷・原宿から近くアクセス良好で、舞台も見やすい。太鼓芸能集団 鼓童の方々のパフォーマンスも素晴らしく、新たな音楽と出会うことが出来るのもコラボならでは。オリジナルペンライトが観覧者全員に配られる。

  • セトリ:ボカロ曲の他、鼓童オリジナル曲や伝統曲など。
  • 出演ボカロ:初音ミク鏡音リン・レン巡音ルカ
  • 料金:S席・7500円、A席・6500円
  • 座席:NHKホール内1〜3階まで。着座での鑑賞も可。
  • ペンライト:チケット代に含まれる。現地で引き換え。

rojiurakomichi.hatenablog.com

 

マジカルミライ(東京公演)

ライブの他、企画展も楽しめるボカロ界最大級の「お祭り」。ライブのチケット倍率が高めなのが難点だが、企画展や物販だけでも楽しめる。ライブにはミクだけでなく、ピアプロキャラクターズ全員が出演するのも特長。東京公演、大阪公演で一部セトリの変更がある(昨年は東京のみでの公演だったが、一部の曲が日替わりだった)。

  • セトリ:VOCALOIDオリジナル曲オンリー。歌唱は原則としてクリプトン社のボカロのみ。
  • 出演ボカロ:初音ミク鏡音リン・レン巡音ルカMEIKOKAITO
  • 料金:SS席・9000円、S席・8000円、A席・7000円、BOX席(着座3席分)21000円、U-18席・3900円
  • 座席:席はあるが、基本的にはスタンディング。会場が平坦なので、背が低いと見えない可能性がある。U-18席あり。
  • ペンライト:強制ではないが、大多数の人は持っている印象。ライブ会場内での販売もあり。

rojiurakomichi.hatenablog.com

 

かわさきジャズ

様々な曲に触れることが出来るのが魅力。ミク&ルカによるジャズ歌唱の他、一部にボカロ曲のジャズアレンジも。価格的な意味でも競争率的な意味でもチケットが取りやすく、会場がJR川崎駅から徒歩圏内とアクセスも良かった。今後もコラボが続いていくかは未知数だが、まずは来年の開催に期待したい。

  • セトリ:アニソン、ボカロ曲の他、ジャズのスタンダードナンバーなど。
  • 出演ボカロ:初音ミク巡音ルカ
  • 料金:S席・5500円、A席・4500円、B席・3500円
  • 座席:着座。
  • ペンライト:無くてもOK。物販あり。

rojiurakomichi.hatenablog.com

 

初音ミクシンフォニー(東京公演)

フルオーケストラ演奏によるコンサート。ボカロ楽曲がオーケストラアレンジで生まれ変わる。オケコンという性質上他のミクイベに比べると落ち着いた雰囲気なので、ライブが苦手でも参加しやすい。一方でコンサートとしてはかなりカジュアル志向なので、服装は普通の私服でOK。ミクダヨーさんの出演率も高い。

  • セトリ:VOCALOIDオリジナル曲のみ。歌唱曲は一部で、その他はインスト(歌なし)。
  • 出演ボカロ:初音ミク、その他(‘18-19は巡音ルカ、重音テト。前年は鏡音リン・レン)※MCのみ。歌唱に関してはオールキャスト曲が存在する。
  • 料金:スペシャルシート(グッズ付)14800円、S席・9000円、A席・8000円
  • 座席:着座。
  • ペンライト:あっても無くても。物販あり。

rojiurakomichi.hatenablog.com

 

マジミラ2018のレポは只今まとめ中なので、近日中に上げます。遅くとも円盤発売前には出したいです。いやもう既に十分遅いんだけども。

[追記]マジミラの感想もUPしました(2018.12.26)